6月1日、東京ビッグサイトで開幕した「東京おもちゃショー2017」のバンダイブースにおいて、華々しく発表された、
「PERFECT GRADE 1/72 ミレニアム・ファルコン」が、ついに予約開始となりました!
http://hobby.dengeki.com/ss/hobby/uploads/2017/06/PG_falcon_kakuhan.jpg

“飛ばせ。想像力の先へ。”とのキャッチコピー通り、
まさに手に入れた人間をスター・ウォーズの世界に連れて行ってくれるこのキット、
バンダイによれば「正確な撮影用モデルのレプリカキット」とのこと。

多くのスター・ウォーズファンにとって、撮影用モデルこそ“本物”。
その本物を手に入れられる夢が、叶えられたといってもよいのではないでしょうか。

バンダイホビーサイトでは、詳細な解説や動画が公開されてますが、
本記事でも改めてその美しさを堪能いただきたいと思います。

全景
全長約482mmの迫力は推して知るべし。
しかし大きいからいいという話ではなく、その大きなボディに取材をもとにした緻密なディテールが
妥協なく再現されている密度感こそ、魅力ではないでしょうか?
http://hobby.dengeki.com/ss/hobby/uploads/2017/06/PG_falcon_daiza01.jpg
http://hobby.dengeki.com/ss/hobby/uploads/2017/06/PG_falcon_action02.jpg
http://hobby.dengeki.com/ss/hobby/uploads/2017/06/PG_falcon_front_image.jpg

コクピット
コンソールなどがもちろん再現されているほか、ライティングも再現されています。
http://hobby.dengeki.com/ss/hobby/uploads/2017/06/PG_falcon_cut01.jpg
http://hobby.dengeki.com/ss/hobby/uploads/2017/06/PG_falcon_light01.jpg

レーザー砲内部
レーザー砲の銃座はレーザー砲のトリガーまで内部が細密に構築されています。
http://hobby.dengeki.com/ss/hobby/uploads/2017/06/PG_falcon_cut05.jpg

各部ディテール
機首の中央は取材(1.7mの撮影用モデル)の成果により忠実に再現。
また、機首サイドのディテールや穴の側面も同様に再現されています。
管もモールドだけではなく独立したパーツが併用されているのも見どころ。
また、ダメージ痕は以前お伝えしたように、穴の奥にメカが覗いています。
http://hobby.dengeki.com/ss/hobby/uploads/2017/06/PG_falcon_cut03.jpg
http://hobby.dengeki.com/ss/hobby/uploads/2017/06/PG_falcon_cut071.jpg
http://hobby.dengeki.com/ss/hobby/uploads/2017/06/PG_falcon_cut08.jpg

発光ギミック
亜高速エンジンはもちろん、ランディング時のライトも再現。
昇降口付近など、その細かいディテールがライトに照らされ、思わず劇中の“思い出”が甦ってきます。
この光景は本当にシビれますね。
http://hobby.dengeki.com/ss/hobby/uploads/2017/06/PG_falcon_light04.jpg
http://hobby.dengeki.com/ss/hobby/uploads/2017/06/PG_falcon_light03.jpg

実機(撮影用モデルですが、あえて実機と呼んでしまいましょう)取材に基づく専門家による
徹底的な考証を再現したこのキットは、現時点で最も確実に手に入れられる“ホンモノ”ではないでしょうか?
気軽に作ろうと思い立つ類いのアイテムではありませんが、
それゆえ、人生における記念的アイテムとして、十二分に価値のある製品だと思います。

PERFECT GRADE 1/72 ミレニアム・ファルコン
予約受付中
1/72スケールプラスチックキット
価格:43,200円(税込)

以下ソース:電撃ホビーウェブ 2017年6月20日 10:30
http://hobby.dengeki.com/news/397799/

コメント一覧
もう、あのmpc製の悪夢から解放されるのか?
タートル号ってこんなんだっけ
なんで真空中飛ぶ宇宙船に、
ウェザリングが必要なんだwww
>>4
飛ぶのは真空中だけじゃないから。
>>3
コブラじゃねーよw
史上最弱の宇宙戦闘機

ってラノベのお師匠さんみたいなもんやな
リアルやな
これだけの作り込みでこの値段って良心的やな
真空中でも焦げたり汚物の付着はするだろうしそれなりに長距離飛べば宇宙塵や星間物質との
摩擦や衝突でまるで雨に流されたような痕が付くのだよ