前回は、広電完全乗車と広電バスに乗りました。

 

まだ、15時前と早い時間ですが名古屋へ向けて帰ります。

f:id:tetudoshonen:20170816155753j:plain

お土産を買って、入場券を買って、特急券を買ってとしてたら

f:id:tetudoshonen:20170816155613j:plain

コインロッカーに荷物を預けていたことをすっかり忘れてて

もう少しで改札を通ってしまうところでしたが、ギリギリで思い出しセーフ。危ない。

のぞみ134号に乗車。

広島駅が始発なので自由席でも全然座れます。

このまま、名古屋まで行けば17時すぎに着きますが

岡山で途中下車。反対側のホームには・・・

500系が停車中

 

在来線では1列車につき1枚の特急券が原則として必要ですが、

新幹線は特例として有効期間中、改札を出ないまで有効となっています。

今の子供にはN700系とかE7系”はやぶさ”の方が人気なのかもしれませんが

自分の頃は、この500系が一番人気。

新幹線には幼少期からあまり興味がありませんでしたが

500系だけは乗ってみたかったんです。

 

いまでも↓こんなキャラクターがJR西日本公式でいますので

人気は衰えていないようで。

https://www.westjr.co.jp/press/article/items/121005_00_kansenja.jpg

 

ちなみに自分の頃は

https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/neowing-r/cabinet/item_img_124/dakdlms-1001.jpg

懐かしい・・・

今も昔も500系が子供たちに人気な事は変わり無さそうですね。

しかし、実際に利用するサラリーマンには不人気でした。

この特徴的なフォルム。高速化に追求した結果ですが、

この形状により車内スペースが狭くなり圧迫感を生んでしまいました。

特に、先頭車両の乗務員室付近は荷棚が設置できない程に狭く

やむを得ず、このようにC席を設置せず荷物置きが設置されています。

 

これにより他の車両と定員の違いが発生してしまい、運用上も使いにくい車両に。

結果的に比較的短い期間で東海道新幹線からは引退して

現在は16両編成から8両編成に改造され山陽新幹線こだま号で運用されています。

 

こだま号で岡山から新大阪まで向かいます。所要時間は1時間30分。

自由席は8両中5両 ほとんどが自由席です。

 

ある程度は乗って来るものだと思いきや

新大阪までの間で1号車に乗ってきたのは、姫路から乗車した外国人観光客だけでした。

新大阪に到着。

 

そのまま東海道新幹線に乗り換えます。

西日が差していてホームの柱に文字が浮かんでいました。

今日、電話で指定席をとった

かなり昔に貼られていたステッカーの跡ですが

残念ながらJR各社のプッシュホン電話予約2012年に終了

 

JR各社がそれぞれサービスを提供していますが、

全国の誰でも使える予約サービスはありません。

受取箇所が決まっていたり、特定のクレジットカードの契約が必要だったり。

 

のぞみに乗り換えて名古屋へ。この旅で最後の乗車。

18時40分、名古屋に到着。

 

3日目もGPSで振り返りましょ。

f:id:tetudoshonen:20170819150846p:plain

広島から名古屋までの地図は省略。

3日目の移動距離は約527kmでした。

f:id:tetudoshonen:20170816155612j:plain

最後に今回、主に使用した乗車券。境港から名古屋市内までの学割。

お得な乗車券が無かったので初めて普通乗車券で移動しました。

途中下車も出来るし案外、悪くなかったり。18きっぷシーズンは混みますし。

 

というわけで、6月の山陰・広島旅行の旅行記でした。

1日目の記事が7本、2日目が4本、3日目が2本と

やっぱり1日目が濃くて、次第に落ちていくダメな旅程でした・・・

 

最後まで盛り沢山にしないとやる気・モチベーションが落ちます。

 

では、