謹賀新年!!


1月1日・・・二日酔い・・・
だが、頑張って書こう、
先日、ある方に連絡が取りたく、
コメントを入れた。
大晦日になったばかりの深夜、
こんな電話が来た。



「私、物知りおじさんですが・・・」
「えっ・・」
それは私によくコメントをくれる
そうiirei 様だった。


驚いた。声が、違うって、勝手に想像していただけなのだが、
ルパン3世の「石川五右衛門」と思っていたら、
「未来少年 コナン」だった。
爽やかな若い声だった。


想像は想像にしか過ぎない・・・
そしてこの方は、何でもよくご存知だ。
山頭火は、
改めて記事にします。
例の物は送りましたので、


では、新春第一弾も「お酒」
やはり、私にはこれしかない、
昨日のコメント、もりもり様のだが、
一度、覗いて戴きたい、いい事を書いておられる。
しかしお酒が腐る(笑)
これは、大丈夫、腐りません、
だから賞味期限がありません。


但し、劣化及び酸化します。
そのコメントの中に、
酒の味が変わったのか、
私の舌が変わったのか、


これはどちらもそうでしょう、
25年、多少はお酒も変化しているはずなのですが、
ナポレオンのブック、
昔、このボトルを見ていた時、
ある事に気付いた。


お酒=本では無いかと、


何故?
私の説明、解りやすいですよ(笑)



子供の時の本を、大人になり手にする。
少し、読む、ん?
そうか、これは、こういう事だったのか・・・
そういう経験ありませんか?


自分の成長と共に、その時は解らなかった事が、
次第に解り始める。
お酒もそれと同じく、
若いときに飲んだ。
何だこの味、
それが、色んな物を飲み、
色んな物を食べ、
色んな事を知る。


するとお酒の味が変化します。
これは、お酒自体が変化しているのでは無く、
自分が成長しているのでは・・・


それも一つのお酒のロマンなのでしょう、
私も時折、昔飲んだバーボンを、
なんか飲みづらかったバーボンですが、
今では、スイスイ、しかも隠れていた味を
発見できます。


子供の時、食べれなかった納豆、
今でも、食べづらいが、少し食べれるようになったフナ寿司、
成長すれば食べれるように・・


週刊誌は、読んだら捨てますが、
高かった百科辞典、これ置いてますよね、
お酒の、安い、高いのも本と同じ、


やはり、安物は、劣化しやすいですが、
高いウィスキー、ブランデーはなかなか劣化しません。
何年も、飲めるとういう、楽しみがあります。
これも、お酒の価値観の一つです。
高い物には、それなりの理由があるという事なのです。


では、本年も「お酒」を中心に、
「喜怒哀楽」を大事に書いていきます。
又、覗いて下さい!
ありがとうございました。


本年もよろしくお願い致します!